機織り体験

2015年11月28日

 

先日、織り物体験をしてきました。

織ってきたのは大判のマフラーです。

 

子供のころ、『織り姫』 というおもちゃをが大好きでした。

毛糸を織って、色々な模様のランチョンマットやマフラーが織れるのです。

縦糸のはり方が難しくて、私にはマフラーは出来なかったけれど、

ランチョンマットはたくさん作りました。

『ふわふわ綿あめ』 という綿あめ器と並んで大好きなおもちゃでした。

 

体験レッスンの存在を知った時、

あの頃 挫折したマフラーが織れるんだ!と思い、

ソッコーで「やりたい」と申し出たのでした。

縦糸を張るのはたいそうな手間がかかるそうで、

当日までに先生がやっておいてくださいました。

私は横糸を通していくだけ・・・それって、

『織り姫』 使ってたときとなんらレベルが変わらないような気もしますが。。

 

中島みゆきさんは『縦の糸はあなた 横の糸は私』 と歌っているけれど、

私は、縦の糸は人生、横の糸はあなたと私、って感じました。

 

なにせ、横糸を二本取りで織っていたので・・・(笑)

 

share (4)

私が今回体験させて頂いたのは、さをり織りという織り機です。

さをり織りには、決まりやお見本といったものがありません。

 

失敗したなー、と思うような状態も、

失敗ではなく全てを 『味』 として受け止めるのだそうです。

横糸がうまく通せなくて飛び出したり、

途中で終わってしまったりしても気にせず進んでいいのです。

横糸の折り返しが上手に出来なくても気にしません。

気分で色をどんどん変え、

途中でアクセントになるような糸を加えてみたり。

全てが自由なのです。

 

それって、人生に起こる出来事みたいじゃありませんか。

人生は不公平で、不ぞろいで不条理で不満なことが沢山起きるけれど、

全て含めてその人の人生なのだと。

 

私は最初から最後まで二本取りで織ったので、

40cmという初心者にしては太めの幅だった割には

4時間弱というスピードで織り終わりました(笑)

二本取り、最強!

 

ちなみ、色は大好きな深い青を基調にして、

やはり好きな紫や緑などをメインに使いました。

好みが一貫しているので

何か作るとき、いつも同じ色になってしまうんですよね(笑)

 

share (3).jpg_effected

最後においしいミルクティーとクッキーをいただきながら、

ふさの始末をしました。

 

その後、大好きな友人と一緒に縁あってウルグアイ音楽のコンサートへ。

ウルグアイの音楽は初めてでしたが、

初めての音楽に触れ、

見たことのない楽器をたくさん見ることが出来て長く楽しい一日となりました。

 

share (5)

 

もちろん、出来たてほやほやのマフラーを何食わぬ顔でつけていきました。

ご興味があれば皆さんも一度、

機織り体験されてみてはいかがでしょうか。

 

私は、カフェで個人の先生に教えていただきましたが、

お教室はあちこちにあるようです。

さをり織り体験が出来るお教室一覧はこちらです。

どん底から這い出すにはDIY

2015年11月11日

 

「私、前の職場でめっちゃ嫌われててー(笑)」って話しを

先日、何の気なしに話したら

周囲が大慌てになってしまいました。

 

で。色々とフォローしてもらって・・・

うわぁ、人さまにフォローしてもらえるなんて!

そこは毎月参加させていただいているニットカフェだったのですが、

皆さん、優しい!すごく嬉しい!

そんな方たちと交流出来るなんて、

なんてありがたくてしあわせなのだろうって思いました。

 

今回は、なぜ私が自営業を始めたのかについて

ちょっと書いてみます。

結構、聞かれることなので。

 

私が嫌われていた理由は、仕事が出来ないからです(笑)

それが自営業を始めたことに繋がります。

 

仕事が出来ない。

これ、ほんと。

ほんと、やばい(かった)。

 

私がしたミスを書き連ねてみましたが、

恐ろしくてここに載せられませんでした。

 

あなたの職場でやたらミスばかりする人・・・

そういう人が私だと想像してください。

ほら、イラっと来るでしょう。ほんと、すみません。。

ただ、本人も悩んでいるのですよ、多分だけど。

 

今や、何とも思っていませんが、

当時は本当に、

車道でダンプを見る度にはねられたいと願い、

毎晩、帰りの地下鉄の電車のホームに吸い込まれそうになり、

ロープを見るたびに、首をくくる自分の姿が見えました。

 

私は、『人生とは、働くこと』 であると思っています。

私は、小さな頃から父親にそのように教えられて来ました。

 

なのに、社会人になってから

『自分は働けば働くほど、社会に迷惑をかける人間』 だと思い知らされるばかり。

 

「お前なんか死ねばいい」

と、会社からの帰り道、毎日毎日自分に向ってそう思っていました。

 

そのうち、誰に何を言われても

「死ね。」

って言われているように聞こえるようになりました。

 

その頃から近所の心療内科に通い始めました。

そして、お医者さんが「お守り代わりに」と

言って出してくれた、なんかよくわからない薬を飲んでいました。

その薬について調べる余裕もありませんでした。

 

なぜか、気をつければ気をつけるほどミスを犯すのです。

Aついてミスを犯さないように万全の体制で臨めば、

Bついてミスを犯す。

 

過去にしたミスを繰り返さない(ように気をつける)代わりに、

新しいミスを作り出す。

そういう意味では私は自分のことを天才なんじゃないかと思いました。

 

学生時代から自分は 『ちょっと普通の人とは違うらしい』 と薄々感じていましたが、

社会人になってからそれは確信に変わりました。

 

ちなみに私は、スピリチュアルはあまり本気にしていないのですが、

私のオーラは藍色なのだそうです。

藍色のオーラの人は社会と折り合いが悪いそうなので、

「当たってるわー!」と感心してしまいました。

(あ。もちろん、いいところもあるのですよ!)

 

まぁ、私はそうやって徐々に自分に自信をなくし、

果ては転職に失敗し(←トドメ)、

社会から締め出されたことで精神が崩壊し、

強迫神経症という病名で家から出られなくなって三年間を棒に振りました。

 

今から思えば、

正攻法(=正社員)で生きることにこだわり過ぎたこと

生きていくというシンプルな目的に対して

ちょっとだけプライドが高過ぎたことが

裏目に出てしまったのだと思います。

でも、それはそれだけ 『こだわりたいこと』 があったということなのだと理解しています。

 

サラリーマン時代はそんなでしたから

自営業になってから、私は超絶しあわせになりました。

 

だって、自分のやりやすいように仕事を進められるのです。

苦手なことにどれだけ時間をかけたって、もう怒られません。

何か失敗したって、自分の中だけで回収出来ます。

お客さんを巻き込むような失敗にだけ気をつければいいのです。

 

出来ないことは社会生活に支障が出るくらい出来ないけれど、

何が出来ないか把握出来れば、

それを避けるか注意するような自分なりの工夫をすればいいのです。

 

以前は裏目に出てしまった 『こわだり(過ぎ)』 が、

今はサロンの大事な柱である

コンセプト(理念)、ミッション(使命)、ビジョン(目標)

を作り出しています。

 

対症療法ではなくて原因にアプローチしたい。

トリガーポイントをアロマに組み込みたい。

ストレッチをお教えしたい。

筋肉の痛みからの脱却を目指したい。

大事なのは骨じゃなくて筋肉。

筋肉整体も提供したい。

自分が本当にいいと思うものだけを提供したい。

そんなサロンが見つからない。

ないなら、私が作ればいい。

もっともっと勉強したい。

 

自営業になってからは

人さまに迷惑をかける(→嫌われる)ことも少なくなり・・・

私が何かアフォなことをやらかしても 『あぁ、この人はこういう人なんだな』

っていう感じに受け止めていただけているようで・・・

おかげさまで良好な人間関係が築けるようになりましたし

私自身も素でいられるようになりました。

 

『適材適所』 って、本当に大事です。

一人の人間の芽を生かすも殺すも『適材適所』 にあると私は思います。

 

何故、自営業を選んだのか。

それが私の 『適材適所』 だと思ったからです。

多分、本能レベルで。

 

私は三年間、部屋の片隅で膝を抱えて泣いて過ごしました。

でも、誰も助けてはくれませんでした。

 

そう。

自分を救えるのは、自分だけなのです。

 

Do It Yourself(自分でやろう)。

どん底から這い出すのも ある意味、DIYです。

 

share (2).jpg_effected-001

写真は・・・サロンの棚をDIY中!