キャベツ焼き

2005年9月28日

3年間、大阪に住んでいたことがあります。

大阪の方は、東京弁(あちらでは標準語のことを東京弁と言います)を喋る私に、

とても親切にしてくれました。

道端で道を尋ねると「自分もそっち方向へ行くところなので、一緒に行きましょう」と、

(いう旨を大阪弁でおっしゃって)道案内をして頂いたことが何度もありました。

 

大阪に住んで兵庫へ通っていたせいか、

私の大阪生活1年目が阪神がリーグ優勝した年だったせいか、

とにかく阪神タイガース熱が凄かったことを覚えています。

 

彼らは電車の中でも六甲おろし。

夜0時過ぎの梅田駅で六甲おろしを歌っているファンを見たときには、

軽く危機を感じて「早くうちに帰ろう」と思いました。

 

2003年、18年ぶりのリーグ優勝。

御堂筋パレードの日は、熱狂的な大阪人たちの熱を冷ますためか、雨が降りました。

嬉しさのあまりファンが道頓堀に色々なものを投げ込みました。

中には自分自身を投げ込んだ人も・・・。

その印象が強烈過ぎて、今でも私の中では阪神ファン=道頓堀と刷り込まれています。

 

そういえば、アパートの近くのスポーツ用品店には

『阪神が勝った翌日2割引』という手書きポスターが貼ってありました。

ちなみに、大阪で仲良くなった友人のおうちの家紋は、

阪神タイガースのエンブレム(あのトラ)なのだそうです。

地元球団の愛し方が情熱的というか・・・ちょっと衝撃的でした。

 

さて前置きが長くなりましたが、

大阪のソウルフードといったら、やはり『粉物(こなもん)』です。

私も何度となくお世話になりました。

 

今でも大好きでよく作っているものがあります。

それは『キャベツ焼き』。

C360_2015-09-12-11-17-29-523

卵と小麦粉とだしを水で溶いたものに、千切りにしたキャベツを投入 → 裏表焼くだけ。

ソース&マヨネーズ&かつおぶしで食します。

 

詳しい作り方はネット上でも紹介されているので、気になった方は探してみてください。

何しろキャベツさえあれば出来るので(もし卵がなければ入れなくてもいいのです)、

材料や作る気力がない日にとってもオススメです。

 

やる気がなくて千切りが少々粗くなっても大丈夫。

芯も細かく刻んで投入です。

私は、あればひき肉やチーズ、ベビースターなんかをトッピングしたりします。

でも、キャベツだけでもおいしいのですよ。

 

まだ体験されていない方は是非!ご体験くださいませ。

 

コメントを残す