茹でて食す

2015年9月14日

千葉に移り住んでから知ったことの一つに、「生の落花生を茹でる」という食文化があります。

数年前に畑で落花生を収穫する機会に恵まれ、畑のおばあちゃまから教えていただきました。

炒った落花生しか知らなかった私は、目からウロコでした。

 

というようりも、それまでの私は落花生に興味がなかったため、

売っている落花生が実は炒ってあることすら知らず、

『最初からあの状態(炒ってある状態)で、木になっている』のだと思っていました。

(本当は生の状態で じゃがいものように土の中で実がなっています!)

だから、落花生畑に到着したとき、そこに木が生えてなかったことにびっくりしました。

 

・・・ 知らないって、スゴイですね。

逆に言うと、知ってるってスゴイです。

「落花生を塩茹でするとおいしい」と知っていて、

必要なときに取り出せると 人生はちょっと豊かになります。

 

そのちょっと、が沢山あると その分だけ人生が豊かになります。

衣食住に関わらずそういう 『ちょっと』 を増やしていきたいものです。

C360_2015-09-03-18-09-21-961

今年は1.5kg茹でて、すぐに食べない分は冷凍しました。

私が気に入っている食べ方は、落花生おこわです。

八百屋さんで売っているのを見て、まねっこして作ってみました。

普通におこわを炊いて、炊き上がったあとで落花生を混ぜています。

 

ちなみに、落花生の茹で方は・・・

落花生に対し5%の塩で30~40分程度茹で、味がしみこむように冷めるまで放置、です。

これでおつまみくらいの塩加減になります。

まだ未経験の方は是非お試しくださいませ。

コメントを残す