機織り体験

2015年11月28日

 

先日、織り物体験をしてきました。

織ってきたのは大判のマフラーです。

 

子供のころ、『織り姫』 というおもちゃをが大好きでした。

毛糸を織って、色々な模様のランチョンマットやマフラーが織れるのです。

縦糸のはり方が難しくて、私にはマフラーは出来なかったけれど、

ランチョンマットはたくさん作りました。

『ふわふわ綿あめ』 という綿あめ器と並んで大好きなおもちゃでした。

 

体験レッスンの存在を知った時、

あの頃 挫折したマフラーが織れるんだ!と思い、

ソッコーで「やりたい」と申し出たのでした。

縦糸を張るのはたいそうな手間がかかるそうで、

当日までに先生がやっておいてくださいました。

私は横糸を通していくだけ・・・それって、

『織り姫』 使ってたときとなんらレベルが変わらないような気もしますが。。

 

中島みゆきさんは『縦の糸はあなた 横の糸は私』 と歌っているけれど、

私は、縦の糸は人生、横の糸はあなたと私、って感じました。

 

なにせ、横糸を二本取りで織っていたので・・・(笑)

 

share (4)

私が今回体験させて頂いたのは、さをり織りという織り機です。

さをり織りには、決まりやお見本といったものがありません。

 

失敗したなー、と思うような状態も、

失敗ではなく全てを 『味』 として受け止めるのだそうです。

横糸がうまく通せなくて飛び出したり、

途中で終わってしまったりしても気にせず進んでいいのです。

横糸の折り返しが上手に出来なくても気にしません。

気分で色をどんどん変え、

途中でアクセントになるような糸を加えてみたり。

全てが自由なのです。

 

それって、人生に起こる出来事みたいじゃありませんか。

人生は不公平で、不ぞろいで不条理で不満なことが沢山起きるけれど、

全て含めてその人の人生なのだと。

 

私は最初から最後まで二本取りで織ったので、

40cmという初心者にしては太めの幅だった割には

4時間弱というスピードで織り終わりました(笑)

二本取り、最強!

 

ちなみ、色は大好きな深い青を基調にして、

やはり好きな紫や緑などをメインに使いました。

好みが一貫しているので

何か作るとき、いつも同じ色になってしまうんですよね(笑)

 

share (3).jpg_effected

最後においしいミルクティーとクッキーをいただきながら、

ふさの始末をしました。

 

その後、大好きな友人と一緒に縁あってウルグアイ音楽のコンサートへ。

ウルグアイの音楽は初めてでしたが、

初めての音楽に触れ、

見たことのない楽器をたくさん見ることが出来て長く楽しい一日となりました。

 

share (5)

 

もちろん、出来たてほやほやのマフラーを何食わぬ顔でつけていきました。

ご興味があれば皆さんも一度、

機織り体験されてみてはいかがでしょうか。

 

私は、カフェで個人の先生に教えていただきましたが、

お教室はあちこちにあるようです。

さをり織り体験が出来るお教室一覧はこちらです。

コメントを残す